Monthly Archives: 7月 2016

飛行機を予約したいけど夏休みもお得に利用できる?

繁盛期でもお得に飛行機を予約する方法

畑と女性

夏も本番になり、子供たちにとっては嬉しい夏休みですよね。
すでに家族旅行の計画をたてている人はもちろん、これから計画をたてようとしている人もいるでしょう。夏休みはお盆も重なることもあり、オフシーズンに比べると航空券が高くなります。

また、混雑が予想され飛行機の予約も取りづらい傾向にありますが、最近では格安航空会社(LCC)が国内線に参入したことで、以前よりも飛行機の予約がしやすくなりました。

格安航空会社(LCC)をチェックしてから目的地を決める方法!

まずは格安航空会社(LCC)をチェックしてみましょう。
格安航空会社(LCC)の運賃は、従来の大手航空会社よりもとにかく安く飛行機を予約できることがメリットです。通常期よりは価格が高くても大手航空会社よりは安いパターンもあるのです。

ただ、夏休みのような飛行機を利用する人が多い需要のある時期だと、予約状況によっては運賃料が変わるので要注意です!日によっては大手航空会社並みの航空券料金になることもあります。飛行機の予約をする際には、「最安値検索」などの機能が使えるような飛行機の予約サイトなどを利用して、できる限り安い航空券を見つけてから、旅行の日程を組むことも夏休みにお得に飛行機を利用するひとつの手段です。

また、北海道や沖縄などの人気路線は避けて、地方路線のような穴場をターゲットにすることもおすすめです♪

夏休みの旅行では、旅先で思う存分楽しめるように、飛行機を予約する際はお得に航空券を手に入れて、すてきな夏を満喫しましょう!!


飛行機を予約したい!どの格安航空券がお得なの?

格安航空券と格安航空会社(LCC)の航空券との違い

空と飛行機

飛行機の予約をする時、格安航空券ってそもそもなんなの?と思ったことはありませんか?
格安航空券と一概に言っても、全て同じ意味での格安航空券なのでしょうか。

これまであった従来の格安航空券とは、バーゲンやキャンペーンが適用された料金価格であったり、数ヶ月前に予約をしたりする航空券を意味しており、飛行機を予約するタイミングや条件に左右されない正規での運賃料が安い格安航空会社(LCC)とは本質的に異なっています。

ここでは航空券の価格設定の方法やどのくらいお得なのかについて触れていきたいと思います。

正規での運賃料を低価格に設定

これまで格安航空券には様々な利用条件がついていました。飛行機を予約し、航空券を購入した後には変更やキャンセルが不可、数ヶ月前までに飛行機の予約が必要など、利用者にとっては不便な条件がつく代わりとして航空券を安く購入することが可能でした。

それに対して格安航空会社(LCC)では、正規での運賃料金自体を低価格に抑えているので、飛行機を予約したけれど変更やキャンセルをしなければならない時でも対応してくれるケースもあり、搭乗直前に航空券を購入した場合でも、低価格で購入することができるという使い勝手の良さも魅力のひとつです。

航空会社と格安航空会社(LCC)の航空券の比較

実際にどのくらい格安航空会社(LCC)の航空券が安いのかというと、大手航空会社の正規運賃の約30%~50%ほどに設定されており、飛行機を予約する時期やタイミング次第によっては、10数%程度というお得な価格で購入することもできます。

どの格安航空券が一番お得なのかは、飛行機を予約する時期によっても異なるので、その時々によっていろいろ比較しながらお目当ての航空券をお得にゲットしましょう!


飛行機を予約する前に必ずチェック!

旅行会社の格安航空券のチェックポイント

PCを触る手

飛行機の予約で格安航空券を利用する場合、旅行会社によっていろいろな制約や利用条件が存在します。ここでは格安航空券のチェックしておきたいポイントをいくつか紹介したいと思います。

飛行機を予約する際の参考にしてみてください♪
それでは早速見ていきましょう!

搭乗日や便の変更はできるの?

搭乗日や搭乗便の変更は、原則として購入後には出来ないことになっていることが多いです。
旅行会社によっても条件が異なっており、手続きや条件については飛行機の予約をする前に十分な確認をしておくことが必要です。

キャンセル料や変更手数料はいくらかかる?

格安航空券の大半は、購入者の都合での変更やキャンセルは原則として出来ないことが多いので、その場合は変更ではなくキャンセル扱いとなります。
航空券の購入形態によってはキャンセル料が設定されていることもありますが、キャンセル料に手数料などが加算されるなど、旅行会社が扱う航空券の種類によっても取り扱いが異なってきます。

払戻し手続きや手数料は?

利用者の都合による払戻しは、一般的には旅行会社が取り扱う航空券の種類によって、払戻しの申請を行った日が搭乗日から何日前になるのかでも払戻しの金額が異なります。

飛行機を予約した便が欠航した場合、発券手数料と事務手数料の差額分を返金、振込手数料は利用者の負担、乗り遅れた場合には払戻しは不可など、旅行会社ごとに取り扱いが異なるので、飛行機の予約をする前に手数料や手続きなどについての確認は忘れずに行いましょう。

航空券の購入や入金期限はいつ?

飛行機を予約してから航空券を購入する期限は、旅行会社により異なりますが原則として予約から2~3日後、翌営業日などになっています。航空券の発券期限が飛行機を予約した当日の場合には当営業日となることもあるので、利用したい飛行機を予約した際に購入や入金期限の確認をしておきましょう。

このほかにもチェックしておきたいポイントに、株主優待券を利用できることもあります。
格安航空券を扱っている旅行会社の中には株主優待券を利用して航空券を手配している会社があり、搭乗日までの日にちによっては他の格安航空券よりもお得な場合があります。
飛行機を予約する際は、ご紹介したようなポイントも抑えておいてください。